逆フレーム問題

フレーム問題という言葉をご存知だろうか。

フレーム問題とは、AIは自分で情報を取捨選択できず、全ての可能性を考えてしまいフリーズする現象のことである。

例えば、あるロボットにこのように命令したとする。

Aくんの安全を守れ


ロボットは考える。一体安全とはなんなのか?
車に轢き殺されないことが安全?通り魔に刺されないことが安全?蚊に刺されないことが安全?歩いたら滑って転ぶ可能性がある。これは危険?生きること自体が危険に晒されることなんじゃないか?死ぬことは危険なことか?……
ロボットはそうして思考を延々と続け、フリーズしてしまった。

ロボットは自分で思考の境界を設定できないのだ!

実際、我々も同様の現象に陥ることがある。
なぜ◯◯なんだろう?それは△△だからだ。ではなぜ△△なのだろう?それは◻︎◻︎だからだ。では……と永遠に考えてしまうことだってあるし、杞の国の憂いている人は空が降ってこないか、地面が崩壊しないか、と憂いていた。こうやって際限なく考えつめてしまうのがフレーム問題だ。

一般に、我々は無意識のうちに思考に制限を加えているため、フレーム問題は生じない。

我々数学科が変人だと思われるのは、この無意識の壁を意識的に掘って掘って穴を開け、考えなくてもよいことを考えてしまうからだ。

フレーム問題解決

フレーム問題が深刻というのは過去の話で、最近はディープラーニングという技法が生まれ、このフレーム問題はほぼ解決した。
ディープラーニングとは、脳細胞みたいな構造で複雑な計算をしたらなんかよくわからないけどすごいことができたというものだ。

ディープラーニングは他の技術とは特異的で、例えば将棋を例にあげる。
普通のやり方であれば、「このコマをここに置くとこうなってああなって、このコマをとったら+◯点で、このコマとあのコマの位置関係的に+△点だからこのやり方が一番点数高くなるからこう打ちます!」
とコンピュータは考えている。
しかし、ディープラーニングは
「今まで対局をずっと見てきたからわかるけど、なんとなくここに指すべきじゃないかな」
とコンピュータは考える。

決定的な違いは、前者は全てのパターンを計算して結果を出すのに対し、後者は直感的に結果を出す。

このためフレーム問題が発生しなくなる。

さて、前置きが長くなったが、ここで私は逆フレームなるものを提唱する!

逆フレーム問題

逆フレーム問題とは、我々は無意識に加えている思考の制限が大問題であるということだ。

先日友人と議論をしたのだが、その友人は口癖のように「普通は」という単語を使った。
「普通は」…だと?普通ってなんだ?それはあなたの中では確かに普通なのかも知れないけれど、他人にとっては普通ではないんだ。

「普通、働かないニートは社会に必要ないよね」「普通、親が危篤になったら親の元に帰るよね」「普通は」「普通は」……

働かないニートは社会に不要?

働かないアリはそれ自体に価値はないかも知れないけれど、コロニー全体で見れば非常に重要な役割を果たしている。
全員が熱心に働けば、それだけ消費が比例して増大する。しかし、外に落ちてる餌は変わらないのだから供給量は大して変わらない。その結果、コロニー全体でエネルギーが減少し、コロニーの生存確率が下がる。

また、2:6:2の法則というものがある。どの共同体でも2割が熱心に働き、2割が怠慢を求め、6割は普通に働くという法則だ。この法則は厄介なもので、ある共同体から2割の怠慢者を抜き取ると、本来ならその共同体内には怠慢者がいなくなるはずであるが、その共同体内の2割がサボり出すという結果もある。

中国のニート層は親がお金持ちで、皇帝とよばれるお坊ちゃんである。彼らはお金を余分に浪費する。そのおかげで経済が循環し、科学が発展し、インフラが整えられるのではないか?お金持ちになった者はお金の使い方を弁えている。余計なところで使わない。しかしそれを放出するのが彼ら皇帝である。

ニートは本当に社会に不要か?現代社会からニートをすべて取り去ってしまったら社会が崩壊する可能性はある。
一見不要に見えるのだろう。しかし、カオス理論というものがあるように、見ただけではわからないことがある。
気安く「普通は」など使うべきでない。

「普通は」を生み出す日本教育

現代思想8月号「コミュ障の時代」より要約

アメリカに留学をして何より驚いたのは、誰もが「My philosophy」ということです。日本ではこれが「世間では」「みんなは」「普通は」という話になります。これは本当に面白くて、子供達に話し合いをさせると、みんな「普通はこうだよね」というのです。なぜか「みんなそう思っていると思います」ということになってしまいます。

そもそも「普通は」ってなんだ。あなたの家庭では普通なの?あなたの街では普通なの?あなたの交友関係において普通なの?日本では普通でもそれを共有できるのはたった一億人。

「普通は」と言うのをやめよう。「普通は」という思考は逆フレーム問題を引き起こす。
普通でない考えが浮かばなくなる。思考が停止する。

水平思考を心がけよう。

えいとさん
普通はって言いくるめに便利だよね

部屋の中に3つの電気のスイッチがあります。この3つのスイッチは、別の部屋にある3つの電球にそれぞれつながっています。一度スイッチのある部屋から出ると、もうその部屋には戻れません。どうすれば、一度だけ電球のある部屋に行き、各スイッチがどの電球をコントロールしているか確かめられるでしょう?




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

・東京理科大理工学部数学科一年の大越英叶。 ・みんなからは親しみを込めて「えいとさん」とよばれる。 ・読書、哲学、数学、クラシックがだいすき。 ・世の中は無常だということを最近理解し始めた。 ・好きな分野:哲学.倫理学.物理学.数学.神学.神話.タロット.C言語.文学.古典.その他 ・苦手な分野:歴史.芸能.地理.時事.ファッション.芸術.アニメ.漫画.経済.その他