自殺は悪か?

自殺に対する諸説を挙げた後、筆者の意見を述べる。

日本の年間自殺者数はかなり多いとのことだ。それに伴い、マスメディアは自殺は痛ましい、悲しい行為だと暗に主張してくる。自殺者数を減らす努力をしましょうと呼びかけ、様々な手段に講じている。

自殺は悪なのか?

自殺は悪いことだとマスメディアは断定している。自殺とは命の尊さを踏みにじる行為だとか、幸せになれたかもしれないのにだとか、ぐだぐだ本質的ではない議論をしている。定義を先に示してほしい。証明になっていない。

さて、今回は自殺における様々な思想を取り上げることにする。

1.仏教的思想

自殺とは煩悩の集大成だ。自殺をするのは薬物を貪る行為と何ら変わらない。結局、自殺をすることは心を制御する事ができなかったことだ。
自殺とは、現世に希望を懐き、執着し、執着し、その果てに希望を達成できず、渇愛に埋もれ、そうして自殺するのだ。現世に期待を抱いてない人間、執着を断ち切った人間は生きるも死ぬもどうでもいいから結果長く生きる。死にたいと思うことがないからだ。
仏教では、この世の区別は皆差別だと言っているから、善悪など存在しない。そのため自殺は悪ではない。悪ではないが、執着を断てず、苦しみを減らせなかった愚かな行いだ。

2.日本的思想

日本では健やかに生きることこそ至高だと考える傾向が強い。癌治療で苦しみながら延命し、結果数年健康に生きられるならそれでいいと考える。
一方、無神論者のようにこの世は無意味であるというニヒリズム、ペシミズムもこじらせている。なんとも不思議な思想である。
これはどこからきたのか?

日本人は仏教と神道の歴史が土台にあるだけあって、両者の生きる意味が混在しているように思う。
例えば仏教思想の「生きる意味はない」というペシミズム、ニヒリズムは現代に蔓延っているし、神道の「健やかに生きろ、生めよ増やせよ」(意訳)という考えも同様に存在する。
死刑制度をなぜ国民が支持するかといえば死そのものが悪の印象を持っているからだ。
一方、癌患者に対して治る見込みも無いのに「きっと治るよ」と声をかけたり投薬で苦痛の中生かし続けることも健やかさは善であるという思想の下だろう。

神道と言えば、次の話が有名だ。

イザナギが死んだイザナミを助けるため黄泉の国へ行くと、イザナミは既に死者の体となっていた。イザナミは腐った醜い体を見られ、憤慨しイザナギを追い回す。イザナギは彼岸と此岸の境目まで逃げたが、そこでイザナミはこう言う。
「もう怒りました。日本人を毎日1000人呪い殺してやります。」(意訳)
「それなら俺は日本人を1500人産める環境を作ってやる」(意訳)

この話から分かるとおり、神道的には「誰が生きてるか」よりも「子孫繁栄しているか」を重要視する傾向にある。
また、穢れという思想がある。
穢れとはケという生活エネルギーが枯渇することで、(ケ枯れ)特に死体に触ったり、身内が死んだりすると穢れになると恐れられていた。
これを解消するのが日常とは違った状態、祭りだったようだ。祭りをハレと言う。
この思想がより混迷し、穢れという何かがあるようにされ、穢れという何かは流水で注ぐことで取れるとかなんとか言われ始めた。
皆穢れを忌むため、死体処理は穢多非人に任せていたようだ。

以上のように、神道では死は悪、生は善とされる。
従って神道的に言えば自殺は悪だ。

やはり、アニミズムで原初的である。
だが、死は悪で生は善だと盲信する時代は終わった。
現代は皆が薄々、生は無価値だと気付き始めてしまったから、より深い根拠を探さなくてはならない。この神道的な思想は根拠に欠ける。

3.輪廻転生思想

ケルト

ケルト人とは、アイルランドとかイギリスに居た古代人だ。とても強かったが、石を組み立てて遊んでいたら滅ぼされた。
ケルト人は輪廻転生を信じていた。死んでも直ぐに生まれ変わる。だから足を欠いたらすぐに自殺をして次の人生で健やかに生きるという考えを持っていたようだ。
だから、戦争で狂人のように死を厭わず突撃してくる。強いわけだ。
この思想では自殺を推奨しているように思う。

仏教

ところで仏教にも輪廻転生の思想があるが、それは後の人々が言い始めたことで、ブッダの説いたことではない。ブッダは死後の世界については徹底的に黙秘した。

余談だが、ブッダの回答拒否した項目は以下10つだ。

  1. この世界は永遠か
  2. この世界は永遠でないか
  3. この世界は有限か
  4. この世界は無限か
  5. 如来は死後存在するか
  6. 如来は死後存在しないか
  7. 心身二元論は真か
  8. 心身一元論は真か
  9. 如来は死後存在し、かつ存在しないか
  10. 如来は死後存在せず、かつ存在しないでもないか

例えば、毒矢の喩えというものがある。

ある時ブッダの弟子はブッダにこう尋ねた。「我々に死後の世界はするのですか?もしはぐらかすようなら弟子を辞めます」と。

それに対し、ブッダは「ある人が毒矢を背中に撃たれた。早く処置しないと毒が回って死んでしまうのに、彼は、誰が撃ったのか、どうして撃ったのか、この毒の成分はなにか、全部知るんだと言っていたら、処置し逃して死んでしまった。お前はその人と同じだ。それを知ってから処置するのでは遅い。知ってから修行するのは遅いのだ。それに、それを知ったところでどうなる?なんにもならない。ただ苦しみが増すだけだ。お前は煩悩にとらわれている」(超訳)と言った。

知っても無駄なうえ、知りようもないものは知らないほうがいいというのは儒教的でもある。

ウパニシャッド哲学

仏教の根本であるウパニシャッド哲学は輪廻転生がある。だが、現世での行いにより未来で何に生まれるかが決定されるから、自殺など許さない。

バラモン教

バラモン教もウパニシャッド哲学から解釈されたものだが、この宗教は恐ろしく厳格だ。
常にマスクを付け、箒で道を掃きながら歩く。ひとえに、不殺生だからだ。もしかしたらコバエを吸い込むかもしれない。だからマスクをつける。もしかしたらアリを踏み潰してしまうかもしれない。だから箒で掃く。
人間とは輪廻の輪のうち最も罪深い存在だ。だから、人間のうちに善行(法遵守)をして輪廻で最底辺から抜けなければならない。しかし、最底辺だから並の善行では意味がない。それゆえ徹底する。
バラモン教でも自殺は許されないだろう。不殺生に反するし、そもそも最底辺から抜け出せない。

4.儒教思想

孔子は現世をどう生きるかを徹底的に説いた。徳のある人間が何かを説いた。
自殺は徳のない人間だと主張するだろう。自己否定による自殺が後をたたないからだ。他人のために生きようとしないのか?だから徳がないんだ。他人のために生きてみなさい。

毎回思うが、善行を押し付けているようにしか見えない。

5.JSミルの思想

ミルは「自由論」という超有名な、現代でもかなりの頻度で引用される本の著者。
彼の本の一節には、「人間は愚行権という権利を持っている。他人に危害や不利を与えない限りなにしてもいい」(意訳)と書いてある。
例えば、山は危険なのにあえて登る行為。食べ過ぎは健康を害するのに食べすぎる行為。全部認められる。
自殺も他人に危害や不利を与えなければしていい。勿論、息子娘が居たら、他人の自由を奪うことになるから許されない、すなはち悪だ。
そうでなければ全部自分の勝手だろう。

6.筆者の思想

自殺は許される。そもそも本質的に許されない行為など何もないのだ。(本ブログのトロッコ列車の思考実験参照)

ゾロアスター教の善悪二元論が拡散し、善と悪の二項対立が広まってしまったが、結局その善悪も相対的なものである。ある視点では善なものが必ず別の視点で悪となる。そんな曖昧なものは私は許さない。
本質的な議論は明確なものであるべきだ。

だが、万有の真理など存在しないというのも理解している。
コントが言った。「人間は、神学的段階、形而上学的段階、実証的段階と進化してきた。まずは神を信じ、そのうち真理を追い求め始め、結局真理は相対的なものだと自覚する。」(超訳)
絶対的真理がないのは重々承知だが、やはり私は例外のない規則を追求したい。

自殺は悪ではない。そもそも善悪をつけることが誤っている。仮に自殺が悪だとしたら、タバコを吸って寿命を縮めるのは悪だし、健康に生きても寿命はやってくるのだから悪だ。

ではなぜマスメディアは自殺は悪とほのめかすか?それはマスメディアという影響力のある情報媒体が自殺を悪だと大衆を刷り込み洗脳させなかった場合、自殺者が増えて国富が減るからだ。
わざわざ国を弱めることを宣伝するわけがない。

今回は輪廻転生や徳倫理などを扱ったが、例えばバラモン教では輪廻転生という前提の結果、自殺は悪と証明されている。
我々にはどの前提が真でどの前提が偽か判断しようがない。我々は死後は言うまでもなく、今のことでさえ無知なのだから、判定できるはずがない。だからこれらの根拠を蔑ろにしてはならない。
私の意見は「全てのものは無価値である」を前提に置いただけなのだ。
全てのものは等しく可能性を含んでいることを忘れてはならない。

私は自分の思想が正しい可能性が高いと思っているが。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

・東京理科大理工学部数学科一年の大越英叶。 ・みんなからは親しみを込めて「えいとさん」とよばれる。 ・読書、哲学、数学、クラシックがだいすき。 ・世の中は無常だということを最近理解し始めた。 ・好きな分野:哲学.倫理学.物理学.数学.神学.神話.タロット.C言語.文学.古典.その他 ・苦手な分野:歴史.芸能.地理.時事.ファッション.芸術.アニメ.漫画.経済.その他